読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MPSとTPS

前者は身体の痛み。身体の痛みは、ヘルニアや脊柱管狭窄などとは、無関係だという考え。

オレが、山歩きの際、しんどい、と思い始めたとき、脊柱管狭窄とさえも診断してもらえなかった。

そのとき、じゃあ、なぜ?ともっと疑問をもっていれば、と思う。

痛みは、心因性ストレスという考えが、後者。

 

この一週間ほど、平常時のパニック障害のような過緊張に襲われている。

 

昨日なんとか、市内の鍼灸院までいってきた。

副交感神経が、働き出してくれてるのは、わかるが、まだまだ、交感神経の興奮がおさまらない。

まるで、ダイイングメッセージを必死で書くかのようにスマホを打っている。

 

昨日一週間ぶりくらいに缶ビール一本飲んだ。

自分のストレスやトラウマと向き合うことにより、過食症はなくなり、一週間で六キロくらい減る。

 

抗うつ剤が、裏目に出た感じ。

 

TPS理論は、心因性ストレスと向き合うことで痛みは消えるという考えだが、その行為だけではものたりない。

いかに、心因性ストレスを認め、解決するか、という理論が抜けている。

 

そのピースは自分で埋めなきゃいけないんだろうが、

なんども再発するのは、オレが間違った答えを選択しているんだろう、きっと。f:id:minamichankawai:20170519090327j:image