トリガーポイント治療に、いどむ

トリガーポイント治療、理論はわかっても、

あるいは、自分の思いは、なかなかせんせーに伝わらないし

せんせーの時間も限られてたり

あるいは、注射も量が決められたり

 

納得のいく治療にたどりつかない、というのが

正直なところ

 

やはり、悪い腰のアプローチをしなきゃ

 

と、仰向きになり、右足をクロスするように、パタンと左足を越えて倒す。

 

そして、右の尻からふとももの硬いところに、ばんばん鍼を刺す。

 

鍼を刺すだけではなく、ストレッチあるいは、

運動鍼の要素も使い

 

トリガーポイント治療にいどむ

 

f:id:minamichankawai:20190618145050j:image

再糖質制限111日目、98キロ台

これって、二月ほど停滞

 

いろんなことが、充実してないと、

ストレスがトリガーになってしまう。

 

とはいえ、今までなら、3桁になったら、そのままずるずるが、なんとか、保ってる。

 

朝は

ワカメ、なめこ、あげの味噌汁2、ヨーグルト5、酢タマネギ2、レタス、ブランパン4.5、山芋オムレツ5、しめじバター

 

やく20くらいかなあ

 

また、頑張るぞー

 

f:id:minamichankawai:20190617064756j:image

再糖質制限110日目、停滞

停滞、というよりは、

ストレスあるいは、体調不良だと

食べるものが炭水化物が増える。

昼に牛丼、次の日、カツカレー、とか。そんなんだったもんなー

 

今朝98.6

1週一減はやくも、失敗

 

でも、98を、起点にしたら

年末にはちょうど70キロ

 

 

頑張ろー

 

写真は、ブランパンサンド

まあ、はさんでないけど

 

糖質がパン一枚13.5g

 

f:id:minamichankawai:20190616054736j:image

 

 

f:id:minamichankawai:20190616054744j:image

二の腕は、肩こりのトリガーポイント

これは、オレの経験則。

 

肩や、首に、自分でも、ガンガン鍼を刺した。

首のウラのかたいところ、

前はあまりよくないけど、注意しながら、首の前あるいは斜角筋とか

 

が、肩こりが、ひどく、慢性痛なら、

肩、首へのアプローチは、

まず、効果がない。

 

二の腕。

二の腕のかたいところを選んで、鍼を入れると

首や、肩のコリがマシになる。

 

絶対肩こりには、二の腕へのアプローチ

 

 

f:id:minamichankawai:20190613070824j:image

再糖質制限104日目、牛歩戦術

97キロ台で停滞

 

山歩きしたとはいえ、おりてきて、サンドイッチ、昼にはおむそば

 

ただし、歩いた時は、食べていい、というルールにしてる。

 

まー、96キロ台にしておきたかったけど

とにかく牛歩戦術

 

一週一減

 

朝も少し散歩

 

が、腰がふらふら

 

f:id:minamichankawai:20190610055423j:image

週一の山登り、嵐山から松尾山

f:id:minamichankawai:20190609170731j:imageしんどかったし、実際脚重いけど

でかけた。

とにかく歩くこと。

そして、達成感

 

脚が痛くても。腰が痛くても

根っこは、脳の誤作動なんやから。

 

動かすだけ

 

ていうか、この閲覧数なんで多いんやろー?

 

f:id:minamichankawai:20190609170720j:image

 

 

MPSについて、あらためて考えてみる

左の胃のあたりのかたさ、

左首肩のこり

目の眩しさあるいは、目の周りの筋肉の固さ。

腰の痛み

脚のかたさ、あるいは歩いた時に痛くなる。

 

ざっと、MPS筋筋膜性疼痛障害の

オレの症状。

 

あるいは、大きな音が、耐えられない、パニック障害は、

耳の神経あるいは、心臓の周りの筋肉の緊張、とも言える。

 

ストレス。

 

自分でトリガー注射ができないし、

まともに、トリガー注射してくれる医者が少ないし、

さらに、MPSは、パニック障害の筋肉版と思っているが

神経内科的なアプローチをする施術医がいなさすぎ

 

だから、自分でやるしか仕方ない

 

まず、一つずつ。

 

昨日もだけど

肩首のコリをとるために、二の腕に鍼。

 

また、サインバルタ、気持ち悪くなるけど

服用してみよいかなあ?

 

f:id:minamichankawai:20190609050654j:image

 

肩こり、首コリは、肩、首へのアプローチでは、治らない。

 

それで治るなら、慢性痛ではない